パソコントラブル対応年間20,000件
パソコン修理、サポートはチップス

トップページ > スタッフコラム > 第2回

スタッフコラム

チップススタッフが月替わりで便利な商品や便利なサイト、パソコンで使える便利な技などをご紹介しています。

第2回 パソコンが遅い!

2007年11月

パソコン性能を増強する方法 〜メモリ増設〜


藤枝事業所サポート担当の鈴木です。
日々お客様のお宅にうかがってサポート業務をさせていただいているのですが、 そのなかでお客様との会話でよく出るのが 「ウチのパソコンってなんかスピード遅いんだよね…」 「買った当初はそうでもなかったのに、使い続けて何年かしたらだいぶ動作が 遅くなった気がする…」。
皆さんはいかがですか?結構心当たりある方も多いんじゃないんでしょうか。
一口に「パソコンのスピードが遅い」といってもいろんな原因が考えられます。
コンピュータウイルス・パソコンの部品の故障等の不具合が原因だったりセキュリティソフト等の新たなソフトを入れたことによって遅くなるケースもあります。コンピュータウイルスに感染しているのなら、当然それを駆除することで改善が見込めます。パソコンの故障ならその部分を直してあげれば元に戻るでしょう。
じゃあそのようなトラブルも不具合もなく、ソフトをいろいろ入れたことによって遅くなった場合は?
これはパソコンの性能の問題です。

「やっぱりパソコンを買い換えなくちゃダメかな〜?」「せっかく入れたソフトを消さないといけないの?」という方にちょっとご提案。こんなとき新しいパソコンを買うより断然リーズナブルにパソコンの性能を増強する方法があるんです。
それがメモリ増設です。
パソコンのなかにメモリという部品が入っているのですが、動作しているプログラムやデータを溜めておく場所と思っておいてください。当然使用するプログラムが多くなるとメモリにいっぱいデータが流れ込みあふれてしまいます。今のパソコンは通常データが多少あふれても動きが止まらないように処理してくれますが、その処理がパソコンのスピードの足をすごく引っ張っているんです。メモリという器を広げてあげればデータがあふれないので当然足を引っ張る処理も発生しない、よってパソコンのスピード改善が見込める!という寸法です。

BUFFALO DD266-512MXメモリを取り付ける方法はまずパソコンの箱を開けてメインになる基盤を出します。大抵はそこにメモリを増設するための差し込み口が空いているので、そちらにパソコンに適合する規格のメモリを新たに取り付けるという流れです。
当然メモリもパソコンの基盤も精密部品になりますので取り扱いには注意が必要です。(ちなみによく誤解されるのですが、USB端子に付けるタイプのメモリやハードディスクは今ご説明したメモリとは別のものになりますので上記のような改善は見込めないです)

もちろんチップスでもメモリ増設を受け賜っております。
「興味はあるけど自分でパソコンの箱を開けて色々いじるのはちょっとね〜」「どんな種類のメモリを買っていいのかわからない」「そもそもメモリが足りないから遅いのか、別なことが原因で遅いのかわかんないよ!」
という方はぜひフリーダイヤルか最寄の事業所まで一度ご相談ください!
【BUFFALO DD266シリーズ 製品ページ】
http://buffalo.jp/products/catalog/item/d/dd266/index.html



ページトップにもどる▲