パソコントラブル対応年間20,000件
パソコン修理、サポートはチップス

トップページ > スタッフコラム > 第9回

スタッフコラム

チップススタッフが月替わりで便利な商品や便利なサイト、パソコンで使える便利な技などをご紹介しています。

第9回 新しいパソコンなのに動きがいまいち早く感じないのはなぜでしょう?

2008年3月

パソコンの動作とウィルス対策ソフト


磐田事業所の北堀です。
安心してインターネットを利用するのであればウィルス&スパイウェア対策は必須です。
ウィルスとスパイウェアの違いについては下記ページを参照してください。
http://eazyfox.homelinux.org/Security/Beginner/beginner07.html
お店で買ってきたウィルス対策ソフトをインストール(設定)した途端、パソコンの起動が遅くなったなどの経験をお持ちの方もいらっしゃると思います。原因としてよくあるパターンとしては…

[パソコンのパワー不足]
パソコンを車に例え、簡単にご説明します。
車はエンジンの排気量でパワーが有る無いが判断できます。
重い荷物を乗せても排気量の大きい車ほどぐいぐい走ります。

パソコンはCPUというエンジンで動作します。
エンジンの排気量(CPUパワー)の大きいパソコンはウィルス対策ソフトをインストールしてもスイスイ動きます。
同じWindowsのパソコンでもCPU(エンジン)の違いで処理速度が違います。
しかもパソコンは季節ごとにモデルチェンジしエンジンの性能もどんどん良くなってきています。

しかし、WindowsVISTAなど新しいパソコンなのに動きがいまいち早く感じないのはなぜでしょう?
それはVISTA自体が大きな荷物になってしまっているからです(その分機能も強化されています)。
エンジンの排気量が大きくなっているのに、荷物も大きくなってしまっているからです。

WindowsXPの方が荷物が軽いので補強(第2回コラム参照)してあげればまだまだ使えます。
メモリーは車で例えるなら荷台にあたる部分です。エンジンの排気量が大きくても荷台からはみ出す様な大きな荷物を載せればうまく走れません(速度低下、動作不安定)。
※ウィルス対策ソフトなどは年々機能が充実している分、新しいものほど重い(荷物が大きい)傾向にあります。という事は軽いウィルス対策ソフトを使用しパソコンを補強してあげれば十分使えるとのことです。(インターネットメインであれば)

私がお勧めするウィルス対策ソフトはこれです。
[NOD32アンチウイルス]
http://canon-sol.jp/product/nd/
ぜひ試してみてください。



ページトップにもどる▲